モバイルWifiルーターの契約譲渡

一般のユーザーには馴染みがないかもしれませんが、契約者は回線を他の人に譲渡することができます。

この記事では契約譲渡の意味と方法をご紹介します。

モバイルWifiルーターの契約譲渡とは?

契約譲渡とは平たく言うと、名義を変更する手続きです。

名義の変更には手数料がかかりますが、契約解除には当たらないため、契約解除料がかからないというメリットがあります。

実際に名義変更をする人の割合は少ないです。

しかし、元契約者としては、違約金を払わずに契約を解除できるのはありがたいです。

契約譲渡のデメリットは?

契約譲渡にはデメリットもあります。

モバイルルーターは常に機能やスペックが高性能になっているため、最新の機種ではないということはデメリットです。

より高スペックのモバイルルーターを使いたい人にとっては、譲渡で譲り受けるよりも、新しく新型の機種を使いたいものです。

新しく名義になる人にとってのメリットと照らし合わせて条件が合わなくては、譲渡はできません。

 

モバイルWifiルーターの契約譲渡のメリットが多い場合

モバイルルーターの契約を譲渡して、お互いにメリットを受けるケースの例として、学校や職場の寮での移り変わりがあります。

現在のモバイルルーターは2年契約が多く、短期間での契約に向いていません。

そのため、例えば1年だけ研修などで住所が変わる場合、その間だけコストを抑えてモバイルルーターを契約するのは難しいです。

しかし、そこで今までモバイルルーターを使っていた人から回線の名義を引き継げば、2年契約も残りの期間引継ぎになります。

例えば1年サイクルで人が移り変わる寮があった場合、1人目が1年間使い続けて、そのまま2人目に回線の名義を引き継ぐことができます。

2人目は、そのまま残り1年使って解約してもいいですし、希望者がいれば、3人目にまた回線の名義を譲渡することもできます。

モバイルルーターを選ぶポイントの1つが、電波の入りやすさです。

前の人が使えていたという実績があることは、新しく利用する人にとっても安心です。

実際に使った時の電波の入り具合が分かりづらいモバイルルーターで、電波が入ることの保証があるということは一番大事なポイントかもしれません。

条件さえ合えば、モバイルルーターを譲渡して使いまわすことは有効な手段です。

コメントを残す

サブコンテンツ