Wifiルーターの繋がりやすさ

家のパソコンがインターネットに繋がるのは、プロバイダー契約を結んでいるからです。

光回線やADSLなどの通信方式がありますが、この回線は直接有線で家庭に繋がっています。

一方Wifiルーターの場合は、無線の電波を使ってインターネットに繋がっています。

3GやLTEなどがありますが、携帯電話やスマートホンで使っている電波と同じ仕組みです。

外出先でも電波が繋がる点も同じですし、所によっては圏外になる点や、通信速度が遅くなることがある点も同じです。

地下や建物内で電波が弱くなったという経験をした人もいることでしょうが、この点も同じです。

だからこそ、Wifiルーターも通信速度の違いや繋がりやすさの違いがあります。

 

現在Wifiルーターで使われている通信には、ドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイル、Wimaxがあります。

ドコモなどの携帯電話の電波も扱っている会社については、Wifiルーターでも同じ電波を使っています。

ただし、ソフトバンクは広範囲のLTE対応のWifiルーターをまだ発売していません。

また、auも今はWimaxの通信を利用したWifiルーターのみの取り扱いになりました(有料でauのLTEを使うモードは有)。

イーモバイルのWifiルーターはソフトバンクと電波を共有できるようにしているので、今はドコモ、auとWimax、ソフトバンクとイーモバイルの3つに分かれているようなものです。

 

Wifiルーターを契約するにあたって、自分の利用する地域で電波が入らなければ意味がありません。

上記3つの内、どれなら電波が入るのかは、各社対応エリアを公表しています。

実際には細かくピンポイントで知りたい時には、各社電話で確認することもできます。

対応エリア内だとしても、建物の中では電波が入りにくいこともあります。

建物内でも電波が入りやすいのはプラチナバンド対応のWifiルーターです。

ドコモやauはプラチナバンド対応のWifiルーターを発売しています。

 

繋がりやすいWifiルーターの探し方は、繋がりやすいスマホの探し方とそれ程変わりません。

対応エリアや通信速度、口コミなどの評判を元にして、繋がりやすいWifiルーターを探すことになります。

コメントを残す

サブコンテンツ