モバイルWifiルーター一つで通信費は本当に賄えるのか

モバイルWifiルーターを購入した際に1つで家と外出時の通信をまかなえないか検討した方は多いと思います。

実際のところ、1つで全てをカバーできるのでしょうか?

 

全ての通信費をカバーできるかどうかは利用方法次第

モバイルWifiルーター一つで、全ての通信費は賄えるのかというのは、人によります。

ライトユーザーや一人暮らしであれば、モバイルルーター1つで何とかなります。逆に言えば、ヘビーユーザーや実家暮らしでモバイルルーター一つで通信費を賄うのは難しいです。

これは、モバイルルーターに速度制限がかかってしまうことが、大きな原因です。

一人暮らしでモバイルルーターのみで通信費を抑えた例と、家族持ちでモバイルルーター以外も利用して通信費を抑えた例を紹介します。

一人暮らしの場合のモバイルWifiルーターの活かし方

一人暮らしの場合、モバイルルーターを持ち歩いていれば、家でも外でもインターネットが利用できます。

インターネットの利用は、旧式のスマホと家でのパソコン、たまに携帯ゲーム機も利用します。

以前は、家で光回線を結んで5460円、スマホのぱけっとも定額制で5985円、通信費は11445円かかっていました。

パソコンはたまにネットサーフィンをする程度で、スマホもたまに地図や店の検索ができれば十分でした。

それだけでも1万円を超える通信量はもったいない気がします。

引越しを機に、固定回線は結ばずに、WiMaxのモバイルルーターを契約しました。

月額は3880円で、パソコンもスマホも通信ができます。

スマホは2段階定額で、下限の390円で済ませています。

しかもモバイルルーターにしてから、検索の速度が格段に上がりました。

それでいて通信費は4270円で済んでいます。

今までよりも使い勝手はよくなって、半額以下になっています。

 

世帯でモバイルWifiルーターを活かした例

また、ある家族は父母、娘二人の4人家族です。

父はガラケーで電話のみ、母と娘二人はソフトバンクのスマートホンを契約しています。

家では光回線を結んでいますが、スマホをよく利用するので、自宅のパソコンはほとんど使っていません。

しかし、父がたまに利用するので、通信がないと困ります。
この家族は、ソフトバンクのモバイルルーターを契約しました。

WiFiとスマホをセットで契約すると、月々のスマホの通信量が割引されるキャンペーンを利用しています。

スマホのパケット通信料はそれぞれ5985円、光回線が5460円で23415円かかっていました。

光回線を外して、モバイルルーターの月額料金が3880円、ただしスマホのパケット通信料がそれぞれ980円値引きされています。

結果スマホの通信料が5005円、モバイルルーターが3880円で、通信費は18895円、4520円も節約できました。

しかも、スマホのパケット通信は使い放題の条件のままで、費用を抑えることができています。

ポイントは制限することなく節約に成功しているという点

この二つの例に共通しているのは、普段の利用を制限することなく節約に成功しているという点です。

一人暮らしならモバイルルーターを持ち歩いても問題ありませんが、これが家族共有ということになると、そうもいきません。

また、家族で利用する場合、スマホの利用に制限をかけない範囲で節約できなければ、不便になってしまいます。

節約はもちろん大事ですが、それによって利便性が犠牲にならないかは事前に考えておくべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ