3Gに4GにWimaxにWimax2+、通信規格とは

モバイルルーターを選ぶ時に最も重要とも言えるのが通信規格です。

通信規格とは、通信のルールで、様々な規格があります。

例えば同じLTEでも、FDD-LTEとTD-LTEがあったり、本当に様々です。

CMなどでもプラチナLTEや倍速ダブルLTEといった単語があり、一つ一つ理解していくのは大変です。

現在のところ、最低限押さえておきたい通信規格は、3G、4G、LTE、Wimax、Wimax2+の5つです。

 

3Gは4G通信の前から使われている通信規格です。

長く使われているので、エリアは広く、日本全国で幅広く電波が繋がります。

静止画のホームページ位なら簡単に開けますが、動画の閲覧やファイルのインストールではややストレスが溜まる位の通信速度です。

3Gは繋がるけど遅いと覚えておきましょう。

 

4Gは3Gの次世代の規格ですが、実は携帯会社が呼んでいる4Gは、正確には3.9Gという世代の規格です。

便宜上4Gと呼ばれていますが、実際に通信速度も高速です。

LTEもこの世代の規格になります。

動画も快適に見られるくらい早いですが、エリアに関しては3Gほど普及していません。

各社エリア拡大に力を入れているので、それでもかなり繋がるようになりました。

4G対応端末を使っていると、なんか遅いなあと思ったら3Gに繋がっていたなんて声をよく聞きます。

また、この頃から各通信会社で、月に7GBを超える通信を行うと通信速度を低速化するという動きがはじまりました。

せっかくの4G、LTEなのに遅くて使い物にならないという感想を抱くユーザーも一部います。

 

Wimaxは、独自の通信規格で、スピード的には3G以上4G未満ですが、エリアについては3Gほどには普及していません。

主にモバイルルーターに使われている通信規格です。

エリアの広さが難点ですが、その代りどれだけ使っても速度制限などの規制がなく、自由に通信を行うことができます。

エリアの範囲内に住んでいるなら、これ1つで全てのインターネットができると言われることが多いです。

 

Wimax2+は、Wimaxの次世代の通信規格です。

名実ともに4Gを名乗ることができる規格で、高速通信が可能なうえに、今のところ使いすぎによる速度制限の規制もありません。

エリアについては当面は都市部のみの運用となり、これからエリアが広がるかどうかが注目されています。

エリアの狭さを除けば、理想的な通信規格です。

コメントを残す

サブコンテンツ