ライトユーザーのモバイルWifiルーターの使い方

インターネットはたまにしか使わない、なのに高額な通信料がかかるのが納得いかない、それがライトユーザーです。

ライトユーザーには、モバイルルーターでの通信料の一本化がお勧めです。

ライトユーザーはモバイルWifiルーター1つで十分

自宅にインターネットの回線を引いて、スマホにもパケット定額料を払って、中にはタブレットも契約している人もいます。

他にも携帯ゲーム機のWiFi通信や、外でのモバイルパソコンの接続をしている人もいます。

しかし、ライトユーザーである場合が、上記全てをモバイルルーター一つでカバー可能です。

モバイルWifiルーターの欠点は?

何にでも欠点はあるもので、全てのインターネット通信に対応しているモバイルルーターにも欠点はあります。

当たり前の話ですが、モバイルルーターを使ったインターネット通信は、モバイルルーターがあるところでないと使えません。

また、全ての通信機器に使えるとしても、複数の人間で共有する際は利用が難しいです。

また、動画を頻繁に見たり、重いデータのやり取りをする場合には、速度制限がかからないように、通信量に目を配らなければいけません。

また、外では快適に使えても、屋内では自宅回線の方が通信は安定します。

 

ライトユーザーの場合は問題はかなり解消される

モバイルWifiルーターには色々と課題はありますが、ライトユーザーであれば、さほど頻繁な動画の視聴で速度制限がかかる心配もありません。

家族と共用でなければ、気軽に外に持ち運べるので、外出先でもパソコンの資料を送ったり受け取ったりもできます。

モバイルルーターの月額料金は、スマホのパケット定額料よりも自宅のプロバイダー契約よりも、相場は低く、通信費を大きく抑えることができます。

もしも様々なシーンでインターネットをしたくて、でもそれ程には利用しない場合、コンパクトなタイプで、エリアが広いものがお勧めです。

同じモバイルルーターでも、大きさや重さは様々です。

大容量バッテリー搭載のタイプであれば、手に持った時にずっしりとした感覚があります。

コンパクトなタイプの場合は、電池容量は少なめになりますが、それでも日中使うくらいなら十分です。

もちろん繋がることが前提となるので、対象エリアの確認は必須です。

特に自宅とよく利用する場所が、きちんと対象エリアになっているかを確認しておきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ