1年程度の短期利用の場合の機種の選択方法

出張などで1年程度の引越しの場合、契約先に悩むのがインターネットの契約です。

プロバイダー契約にしてもモバイルルーターにしても、1年程度であれば違約金の大きさがネックになります。

この記事ではできるだけ損失を出さないための機種の選択方法をご紹介します。

 

契約違約金の考え方

Wimaxは1年契約も可能でしたが、1年で解約しても違約金がかからないわけではありません。

1年程度の利用であれば、違約金も視野に入れて契約先を選んでおくべきです。選ぶと良いプランは、端末代金がかからず、1年程度での解約時の違約金が10000円で収まる契約です。

端末代金というのがネックで、ドコモやソフトバンクなどでは、月々端末代金を割賦契約で分割支払い扱いになっていることが多いです。

パケット通信料から同額の値引きになっているので、2年使えば問題ないのですが、1年で解約すると、分割支払い金は残債として支払う義務が残ります。

そのため、契約解除料が10000円程度なのに、違約金は全体で数万円になってしまうことがあります。端末代金がかからないのであれば、違約金は契約解除料のみとなります。

短期契約の場合は人気のある最新機種を選択

短期での契約の場合、機種はできれば人気があり、最新のものがいいです。

レンタルでなければ、契約解除後も機種は自分のものになります。

長期であれば、契約解除する頃には機種の価値もほとんどありませんが、短期であれば、使っていた機種が意外な値段で売れる可能性があります。

こういった相場は大幅に変動するので、契約時に売値を想像することは難しいですが、最新のものを選んでおいた方が、解約時に売れる可能性は高くなることは想像できます。

 

SIMフリー端末が最も望ましい

欲を言えば、SIMフリー端末が最も望ましいです。

SIMフリー端末は、MVNOの提供するSIMを指して利用することができるので、高く売れる可能性は高いです。

しかし、SIMフリー端末自体が、元手をかけずに購入することが難しい機種でもあります。

それでも1年程度の契約であれば、機種の売却も視野に入れて契約を考えるのがいいです。

また、本当にたまにしか使わない、もしくは数日しか利用しない場合には、レンタルを利用することができます。

これは短期利用であれば知っておいた方がいいです。

コメントを残す

サブコンテンツ