2年契約とは? 契約期間が過ぎた場合はどうなるか?

モバイルWiFiルーター契約時には、2年契約や1年契約といった言葉が出てきます。

携帯やスマホでもよく聞く言葉ですが、意味は同じと考えて問題ありません。

 

2年契約とは?

2年契約とはとは最初に2年間の契約を前提とすることで、月々の通信料を安くするというルールです。

その代りに、2年経つ前に契約を解除すると、契約解除料がかかります。

契約解除料は、例えばWiMaxのモバイルWiFiルーターの場合は9975円ですが、他社でもほとんどが同額の契約解除料で設定しています。

 

ほとんどの2年契約の特徴として、2年経過後の契約更新月に特に手続きをしなければ、自動更新となります。

つまり、2年後に解約手続きをしなければ、自動的にまた2年契約を結ぶことになります。

そうなると、また同じように、2年以内に解約をすると契約解除料がかかることになります。

つまり、更新月のタイミングで解約や機種変更を考えないと、型遅れの機種をさらに2年間利用することになります。

 

2年契約期間が過ぎた場合の対処は?

契約更新月を過ぎてしまった場合は、契約解除料がかかってでも解約や他社への乗り換えをしたいのであれば仕方ないですが、WiFiルーター自体はまだ必要な場合には、機種変更という手段があります。

同じ通信会社を利用しての機種変更には、契約解除料はかからないので、更新月以外であっても気軽に機種変更はできます。

考え方としては、更新月を過ぎてしまうと、他社の通信への切り替えにお金がかかるということになります。

 

ユーザーが考えるべきことは、更新月はより便利な通信環境を選ぶチャンスだということです。

スマホもモバイルWiFiルーターも、2年前の機種と今では大きく変わっています。

単純な通信速度だけでなく、エリアや機種の電池持ち、操作性まで改善されています。

今最新の機種を契約したとしても、2年後にはもっといい機種が出ていると考えるべきです。

最新の機種が出ているにも関わらず、2年契約に縛られて一昔前の通信機種にとどまることがないよう、更新月だけはきちんと把握しておいた方がよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ