モバイルWifiルーターと自宅回線の併用

モバイルWifiルーターを購入した人で自宅にも回線を引いている人は両者を併用することができます。

しかし、両者の通信速度はかなり違うため、特性を把握した上で使い分けをするようにしましょう。

家ではモバイルWifiルーターと自宅回線どちらを使う?

モバイルルーターがあるから自宅の回線は不要なのか、自宅の回線があってもモバイルルーターは必要なのか、詳しくない人には分かりづらいと思います。

理想を言えば、自宅では自宅の回線、外出時にはモバイルルーターと使い分けるのが一番です。

通信速度も安定性も、自宅の回線が優れていますし、外出先ではモバイルルーターがあれば高速なWiFi通信が使えます。

しかし、どちらの回線も契約するのはもったいないと感じるのであれば、一本化するのもいい考えだと思います。

自宅での通信と、外出先での通信にわけて、自分にとって本当に必要な回線はどちらなのかを考えるといいでしょう。

自宅ではプロバイダと契約した回線を使うと良い

自宅での通信については、プロバイダー契約を結んだ回線が一番安定します。

また、どれだけインターネット通信を行っても、速度制限がかかることはありませんし、自宅の回線を使ってスマホやモバイルルーターをWiFiで繋ぐこともできます。

安定性と使い放題という点で、自宅の回線は最高の環境と言えます。

モバイルWifiルーターは自宅では劣る

一方、モバイルルーターの通信速度は、自宅の回線には及びません。

実測値で10Mbpsも出ればいい方です。

それでは、その位の通信速度でも動画が見れるのかというと、実は問題なく見ることが可能です。

Youtubeの動画をスムーズに見るために必要な通信速度は5Mbps程度と言われています。

10Mbps程の通信速度があれば、実はインターネットの閲覧でそれ程困ることはないのです。

それよりも問題になるのは、通信の安定性です。

十分な通信速度が出ていても、度々途切れるようでは、やはり動画もフリーズしてしまいます。

屋内では、外からの電波を受信するモバイルルーターの場合、建物の構造によっては通信が不安定になります。

木造であるよりも、鉄筋の方が電波は遮蔽されやすいです。
また、高周波帯の方が、低周波帯より電波は遮蔽されやすいです。

お試しでモバイルルーターをレンタルすることができれば、実際に試してみるのがいいです。

それが無理なら、スマホなどの電波が安定しているかで判断してみましょう。

スマホの電波も入りにくいなら、モバイルルーターでも同じ苦労をするかもしれません。

屋内での通信が安定してはいるなら、モバイルルーターでの一本化もありだと思います。

屋外で速度にこだわらない場合はテザリングもOK

当たり前ですが、屋外では自宅の回線は使えません。
屋外で利用する機器と、その頻度によって、モバイルルーターが必要かどうかを考えます。

もちろん頻繁に利用するなら、モバイルルーターがあると便利です。

たまに使う程度なら、最新のスマホにしてテザリングを利用するという手もあります。

テザリングは便利ですが、利用する時には電池もちと速度制限を考えながらになります。

テザリングで不十分なら、モバイルルーターがいいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ